家賃滞納に対処できる|シェアハウス経営によるメリット|賃貸保証会社のお得なサービス

シェアハウス経営によるメリット|賃貸保証会社のお得なサービス

家賃滞納に対処できる

模型と書類

不動産投資を行なう場合に、多くの人が依頼するのが賃貸保証会社です。この賃貸保証会社は、物件を所有するオーナーに代わって家賃の催促を行なってくれます。不動産投資を行なう上で大きな問題となるのが、家賃の滞納です。不動産投資において、収入源の全ては借り主が支払う家賃です。その家賃が支払われないということは、大きな収益減にも繋がります。そのためどのオーナーも家賃の滞納には厳しく当たりますが、厳しく家賃の取り立てを行なうことはできないのです。借り主は借地借家法によって保護されているので、厳しい取り立てや勝手に追い出すことはできないのです。家賃の滞納をしている人に厳しい対処ができず、どうすればよいか悩む人も多いでしょう。そういった人にオススメできるのが、賃貸保証会社です。オーナーに代わって滞納している家賃の支払いをさせてくれるので、借り主に対しての対処が難しいという人にとってありがたいサービスとなるでしょう。

賃貸保証会社の業務として、入居者の審査なども代理してくれます。きちんと部屋を正しく使用し、家賃を支払ってくれる人かどうかを調べる入居希望者の審査は、賃貸物件を管理する場合において重要な業務です。しかし、審査を行なう場合、簡単な面接だけを行なえばよいというわけではありません。金融事故歴の調査や所得証明などの書類の審査なども行なう必要があり、オーナー個人で行なうのは負担が掛かります。賃貸保証会社に依頼をすれば、こうした時間や手間が掛かることも代行してくれます。ほとんど手間を掛けずに、不動産投資による利益を得ることができるので、多くの人に依頼されているのです。